K38 JAPAN

38JAPANとは

小型船舶等の国際的な基準に基づく安全運航教育、水辺における溺水防止と
救難救助、救助技術講習等により水上安全の普及・啓発を図ります。

K38JAPAN は、公益財団法人マリンスポーツ財団が、アメリカの水上安全運航教育機関であるK38 Water Safetyと提携し、2008 年に、公益財団法人マリンスポーツ財団の内部組織として発足。現在、日本各地で水上オートバイによる水上の安全運航及び救助・操船技術講習会や、マリンスポーツイベントにおける安全管理等を通じて、水上安全の普及・啓発活動を行っています。

K38 Japan

K38JAPANとは

小型船舶等の国際的な基準に基づく安全運航教育、水辺における溺水防止と
救難救助、救助技術講習等により水上安全の普及・啓発を図ります。

K38JAPAN は、公益財団法人マリンスポーツ財団が、アメリカの水上安全運航教育機関であるK38 Water Safetyと提携し、2008 年に、公益財団法人マリンスポーツ財団の内部組織として発足。現在、日本各地で水上オートバイによる水上の安全運航及び救助・操船技術講習会や、マリンスポーツイベントにおける安全管理等を通じて、水上安全の普及・啓発活動を行っています。
youtubeリンク画像

水上オートバイの特性を活かす

水上オートバイ(PWC)は、遊びの道具から、
レスキューの道具(RWC)へ

水上オートバイ(PWC)は、遊びの道具として生まれ、手軽で楽しい乗り物として発展してきました。また反面、容易に考え、簡単に扱ってしまうことからも、多大な悪影響を与えてきたことも忘れてはなりません。私たちは今一度原点に立ち戻り、水上オートバイの構造や運航上の特性を理解し、その長所を最大限に活用し、短所を徹底的に補う努力を、レスキューを切り口にして提案します。

水上オートバイ(RWC)の特性

1.水上への進水が容易である
2.ジェット推進による高い加速力と高速移動能力
3.ハンドルと体重移動により高い旋回性能と機動性をもつ
4.プロペラの露出が無く浅瀬を航行できる
5.転覆復原が容易である
6.乗船者の身体が外界に露出している
7.要救助者へのアクセスが良い

※PWC=Personal Watercraft
※RWC=Rescue Watercraft

 

INSTRUCTORS

HIROSHI YAMAOKA

Creative and strategic innovator, solving unique problems associated with Personal Water Craft educational standards, professional development for water safety and rescue applications utilizing a Rescue Water Craft (RWC). Through leadership and instruction a continual curiosity to improve, learn and inspire our next boating generation to strive for the horizon and beyond is the ethos of my personal and professional motivation

Safe Boating Educator

The president of Seasite Co.,Ltd. owns and runs Kai-Rakuen Marina in Hiroshima Japan. The dealer and certified mechanic of PWC and boat manufacturers. A teacher of boating school for National PWC license since its beginning in 2003. A Boat and Personal Watercraft Operator since 1998. A Rescue Water Craft Instructor providing skills and knowledge for Japan Coast Guard, Japan Transport Safety Board, Fire Depts., Life Guards and recreational users

Water Safety Management

A Rescue Water Craft Operator since 2007 providing water safety for water sports events such as Miyajima Int'l Triathlon

 

HIROAKI KISHI

岸浩明(Hiroaki Kishi)

プロフィール 北海道北見市出身 北見工業高校卒業

1985年~2005年 スイミングスクールでヘッドコーチを務める

2005年4月 (有)ウォーターワークス設立 国内を中心にWater Safetyプロデューサーやウォータースポーツガイド業務を行い、小型船舶(PWC)安全運航教育やSUP(スタンドアップパドル)ガイドとして活躍。

2002年3月 ウォーターリスクマネジメント協会公認 PWC(水上バイク)レスキューインストラクター取得、その後、国内やハワイのPWCレスキューでは納得いく更に上を目指しす。

2011年 K38RESUCE International Instructor取得 日本国内唯一、職業者向け小型船舶安全運航教育団体K38JAPAN インストラクターとして活動。 その他

・K38JAPAN リードインストラクター

・K38JAPAN 北海道エリア代表

・K38JAPAN Open water course

・RESCUE3JAPAN SRT1-,SRT2

・ハワイ・ウォーターリスクテクニシャン

・日本ライフセービング協会公認CPRインストラクター

・日本ライフセービング協会公認サーフライフセーバーインストラクター

・日本赤十字水上安全法指導員

・SUPA日本スタンドアップパドル協会公認インストラクター、インストラクター検定員 ・水難学会公認 プール、海インストラクター